Top > 国立・公立大学の医学部の特徴 > 秋田大学医学部(国立)の特徴と偏差値など

秋田大学医学部(国立)の特徴と偏差値など

国立秋田大学に、1970年(昭和45年)医学部が設置されました。地域医療の中核として活躍する医師・医学研究者の養成を理念としています。

5年次から始まる臨床実習では、小グループに分かれて指導教員と外来・病棟・手術室と、直接患者に接して行われます。大学院部局化が完成し、大学院所属の教員が学部教育を担当しています。

<秋田大学医学部 入試メモ>
◆前期:偏差値67、センターランク85%、後期:87%
◆医学部入試では、募集は前期55名、後期25名。
◆推薦入試では、一般枠20名、秋田県地域枠15名、全国地域枠5名を募集。
◆2年次編入では、大学卒業者(見込みを含む)5名を募集。
◆合格者の約55%が現役、男女比では女子も約40%。県内出身者は、約28%。(2013年度結果

<学費>
(初年度納入額・・・変更の場合もあるので詳細は問合せてください))
入学金282000円、授業料535800円、諸会費10,000円

学部所在地住所: 秋田市本道1-1-1(本道キャンパス)
問合せ電話番号: 018-884-6030

 

 


◆Z会でムダのない受験対策!

高3からも間に合う!大学別コース
東大合格の2人に1人はZ会会員 。
資料請求は、下記公式サイトで!
 >> http://www.zkai.co.jp

◆願書(一括)取寄せは、下記の

 「リクナビ進学ネット」公式サイトで

   
        ↑ ↑ ↑ ↑   
大学案内パンフレットも一括請求!
オープンキャンパス情報もあります
カテゴリー