Top > 国立・公立大学の医学部の特徴 > 弘前大学医学部(国立)の特徴と偏差値など

弘前大学医学部(国立)の特徴と偏差値など

青森医学専門学校(昭和19年創設)が、1948年弘前医科大学となり、1951年に弘前大学医学部となりました。人間性豊かな思いやりがあり、コミュニケーション能力も高い国際性豊かな医師・医学研究者の養成を目指しています。

臨床医学入門として、1年次から弘前市内や近郊の病院などで早期体験実習を行っています。2年次からは、本格的に専門科目の履修が始まり、講義と実習の2本立てで学習します。また3年次では研修として研究室に配属され、研究の一端を垣間見る機会もあります。

<弘前大学医学部卒業の有名人>
一戸 紀孝(1963~):
独立行政法人国立精神・神経医療研究センター微細構造研究部 部長。脳内神経伝達メカニズムなどを研究。

本田宏(1954~):
外科医。埼玉県済生会栗橋病院院長補佐。NPO法人医療制度研究会副理事長。日本の医療政策の問題点(医師不足など)を訴える講演活動を行っています。

岸部陞(1936~):
北秋中央病院に勤務し院長を務めたのち、2003年鷹巣町長選挙で当選し、また北秋田市長にも当選しました。その後、医師が退職して無医村となった上小阿仁村に赴き、上小阿仁村国保診療所所長に就任。村で医療を続けています。

<弘前大学医学部 入試メモ>
◆偏差値66、センターランク84%(2013年度入試)
◆医学部入試では、募集は前期のみで67名。うち17名は青森県定着枠となっています。
◆面接は集団面接ですが、青森県定着枠では個人面接もあります。
◆2年次編入では、大学卒業者(見込みを含む)20名を募集。
◆合格者の約5割弱が現役合格。男女比では女子も4割弱います。

<学費>
(初年度納入額・・・変更の場合もあるので詳細は問合せてください))
入学金282000円、授業料535800円、他に諸会費あり。

学部所在地住所: 青森県弘前市在府町5(本町キャンパス)
問合せ電話番号: 0172-39-5204

 

 


◆Z会でムダのない受験対策!

高3からも間に合う!大学別コース
東大合格の2人に1人はZ会会員 。
資料請求は、下記公式サイトで!
 >> http://www.zkai.co.jp

◆願書(一括)取寄せは、下記の

 「リクナビ進学ネット」公式サイトで

   
        ↑ ↑ ↑ ↑   
大学案内パンフレットも一括請求!
オープンキャンパス情報もあります
カテゴリー