Top > 国立・公立大学の医学部の特徴 > 東北大学医学部(国立)の特徴と偏差値など

東北大学医学部(国立)の特徴と偏差値など

東北大学医学部は、明治34年創設された仙台医学専門学校が前身。東北帝国大学医学部となり、昭和14年に東北大学医学部となりました。古い歴史と伝統があり、日本医学会の重鎮として優れた人材を多く輩出してきました。臓器移植や先進医工学研究など最先端の医療・医学研究が盛んにおこなわれていますが、「医学とは命を尊ぶ人間愛こそ出発点」という創設の理念は変わっていません。

豊富な実習や体験学習を通して診療技術や問題解決能力、そして医療者としての姿勢を身に着けていくカリキュラムとなっています。4年次終了の時点で、研究に強い関心を持った学生は、大学院への進学を選択することもできます。

<東北大学医学部卒業の有名人>
古沢平作(1896~1969):
日本の精神分析の父とも言われ、1955年に日本精神分析学会を創設し初代会長となり多くの精神分析家を育てた人。小此木啓吾氏が広めた精神分析の概念、阿闍世(あじゃせ)コンプレックスの創唱者。

黒川利雄〈1897~1988):
1922年、東北帝国大学医学部卒業。財団法人宮城県対がん協会を設立し、日本初のがん(胃がん)集団検診を行った臨床医学研究者。東北大学第10代総長。

大石武一(1909~2003) :
東北帝国大学医学部卒。政治家の父・大石倫治の長男で、父の勧めで医者となり助教授を経て国立仙台病院の内科部長に就任していましたが、父の遺言でその後政治の道に進みました。信念を曲げない父を尊敬していた彼は、初代環境庁長官となったとき、まだ行政的には孤立無援の環境庁ながらも尾瀬に道路が作られようとしているのを阻止し、日本の貴重な風景を守り抜きました。医学博士、元衆参両議院議員、馬事畜産会館館長、緑の地球防衛基金会長、全国乗馬クラブ振興協会会長、医家芸術クラブ理事長など。

佐藤金兵衛(1925~1999):
東北大学医学部卒業、医学博士。古武道範士、八卦掌四世傳人。「闘争殺伐の技法を単なる殺傷の技術にとどめず、天地に先立って生じ、天地に遅れて死せざる道を体得せしめるのが東洋の真の武道である」との信念のもとに、「柔と拳と道」を求めた人。

日沼頼夫(1925~):
1950年、東北大学医学部卒業。ウイルス学者。成人T細胞白血病の成因が、ウイルスであることを指摘。退官後は塩野義製薬副社長も勤めています。野口英世記念医学賞、恩賜賞・日本学士院賞、文化勲章受賞。京都大学・熊本大学名誉教授。秋田県の名誉県民。

渡辺孝男(1950~):
1974年、東北大学医学部卒業。脳卒中の研究で世界的に有名な鈴木二郎教授(故人)らのもとで、脳卒中の予防・治療の研究に取り組み、脳神経外科医となるも、公明党から1995年出馬し、参議院議員となりました。

川島隆太(1959~):
1989年、東北大学医学部卒業。東北大学加齢医学研究所教授。研究成果のひとつ「学習療法」が、認知症患者の脳の再活性化を促進するとして、これを元にド率や(「脳を鍛える大人の計算ドリル」と「脳を鍛える大人の音読ドリル」シリーズ)、ゲーム(ニンテンドーDS用ソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」など)が作られブームとなって、有名になりました。(この成果には賛否両論で、批判もあります)

小池晃(1960~):
1987年東北大学医学部医学科卒業後、いくつかの病院勤務を経て、全日本民主医療機関連合会(全日本民医連 )理事に1998年就任。翌年、共産党より参議院選挙(比例区)に出馬し当選。2013年、日本共産党副委員長就任。

<東北大学医学部 入試メモ>
◆偏差値71、センターランク87%(2013年度入試)
◆医学部入試では、前期日程のみ120名募集。(入学後に、地域の医師確保枠33名、研究医養成枠2名を募集)面接も重視しています。
◆個別試験ののウエートが高いので、個別試験対策が大事。
◆推薦入試はなし。AO入試で15名募集。
◆合格者の約4割が現役。県内合格者は、約15%。(2013年度)
◆寮があります。

<学費>
(初年度納入額・・・変更の場合もあるので詳細は問合せてください))
入学金282000円、授業料535800円、他に諸会費あり。

東北大学医学部所在地住所: 仙台市青葉区星陵町2-1 東北大学星陵キャンパス
問合せ電話番号: 022-717-8009

 

 


◆Z会でムダのない受験対策!

高3からも間に合う!大学別コース
東大合格の2人に1人はZ会会員 。
資料請求は、下記公式サイトで!
 >> http://www.zkai.co.jp

◆願書(一括)取寄せは、下記の

 「リクナビ進学ネット」公式サイトで

   
        ↑ ↑ ↑ ↑   
大学案内パンフレットも一括請求!
オープンキャンパス情報もあります
カテゴリー