Top > 医学部の学費・奨学金・特待生・学費免除 > 日本学生支援機構の奨学金のメリット・デメリット

日本学生支援機構の奨学金のメリット・デメリット

医学部の学費は、6年間で、国公立大学なら300万円~350万円ぐらいですが、
私立大学医学部となると2000万円~5000万円と、かなり学費がかかります。
一般家庭では、ちょっと厳しい場合もありますね。そういうとき、助かるのが奨学金制度。

奨学金制度には、大学独自が行っているものや自治体が行っているものなど、いろいろありますが、日本学生支援機構という独立行政法人が行っているものが有名です。

日本学生支援機構の奨学金には、利息がない第一種と、利息がつく第二種があります。第一種だと、条件として、4人世帯の場合で「高校の成績の平均値が5段階で3.5以上、そして家庭の年収が846万円以下」などとなっています。奨学金の金額は、国公立の医学部か、私立大学の医学部か、また自宅か下宿などかで違ってきます。

第二種の場合は、4人世帯の場合だと、「高校の成績は水準以上で、家庭の年収が1171万円以下」など、少し条件が緩くなりますが、返済に利息がつきます。毎月の庄よ金額は3万・5万・8万・10万・12万円の中から選べます。

上記の奨学金の条件は、入試前に申し込んだときで、入学後(在学中)に申し込むと、また少し違ってきます。

日本学生支援機構の奨学金は、第一種と第二種を併用することができるというメリットがあります。さらに、医学部の場合は、増資が可能です。そして大学からの奨学金や自治体からの奨学金にときどきあるように、大学のある地元の病院に何年間か勤務しなければいけない等の条件は、ありません。医師としてどの病院に就職するかは自由です。

デメリットは特にありませんが、どの場合も、卒業して6か月後から返済がスタートします。6年間しっかり勉強して国家試験に合格すれば、就職先には困らないので返済は問題ないでしょう。医師になりたい、という強い意思があれば、奨学金を利用して進学するのは、とてもいい方法です。

より詳しくは、日本学生支援機構のHPで調べられます。


◆Z会でムダのない受験対策!

高3からも間に合う!大学別コース
東大合格の2人に1人はZ会会員 。
資料請求は、下記公式サイトで!
 >> http://www.zkai.co.jp

◆願書(一括)取寄せは、下記の

 「リクナビ進学ネット」公式サイトで

   
        ↑ ↑ ↑ ↑   
大学案内パンフレットも一括請求!
オープンキャンパス情報もあります
カテゴリー