Top > 医学部とは > 総合大学医学部と、単科大学医学部の比較

総合大学医学部と、単科大学医学部の比較

医学部といっても、総合大学に医学部がある大学と、単科大学があります。
医学部受験は偏差値が高いので、成績がよほどいい人でないと
あまり選べないのですが、でも入学した後の学生生活や大学の雰囲気など、
総合大学医学部と単科大学医学部の差は気になります。

実際に医学部に行っている医学生の意見では、
医学部では、同好会やサークルではなく「部活動」が活発で、
その人間関係が、大学の学生生活では大事になってくるということです。

医学部の授業は必修が多く、総合大学でも単科大学でも、
クラスや学科、あるいはグループ全体でいつも動くような感じになります。
また、総合大学医学部の場合、1,2年の教養課程もある学年では、
他の学部と同じキャンパスの場合が多いですが、
3年の専門課程になると、別のキャンパスになってしまう大学も多いです。

総合大学のほうが、他学部もあり、いろいろな人と交流できるので良い、
と考える人もいますが、1,2年のときには他学部の人も多いサークルや
部活動が活発にできても、専門課程に入ると、かなり積極的に続けないと
難しいかもしれません。

総合大学では、教養課程の授業が他学部と同じなので、
選択肢がいろいろあり、バラエティがあるというメリットがあります。
でもいい教授の授業を取らないと、退屈な授業が多いのも事実です。

このように考えると、社交的で積極的な人なら、総合大学はとても魅力的ですが、
医学の勉強ということでは、どちらでもいいのかもしれません。単科大学に入っても、
好きなことがあれば、趣味として大学以外で続けることも可能です。

また、大学入試に関してですが、ある医学部学生によると、
総合大学の場合、他学部との共通問題も多いため、医学部受験生は
高得点を取ることが要求されるようになってしまうようです。

また医学部専用の問題が出る総合大学医学部の場合は、
その問題が合否を分ける重要な入試問題になるようです。
さらに、総合大学医学部の場合、問題を作る人が各教科の専門家なので、
素直な問題が多いようです。

それに比べると、医学部の単科大学では、問題作成者が英語や数学、理科の
専門家でない場合も多いので、偏差値が同程度の総合大学と比べると
難問が多かったり、おかしな問題(事実上の作問ミス)があったり
することもある
ようです。


◆Z会でムダのない受験対策!

高3からも間に合う!大学別コース
東大合格の2人に1人はZ会会員 。
資料請求は、下記公式サイトで!
 >> http://www.zkai.co.jp

◆願書(一括)取寄せは、下記の

 「リクナビ進学ネット」公式サイトで

   
        ↑ ↑ ↑ ↑   
大学案内パンフレットも一括請求!
オープンキャンパス情報もあります
カテゴリー