Top > 医学部受験のアドバイス > 受験で狙う大学医学部の決め方

受験で狙う大学医学部の決め方

一発で合格を狙うなら、最終的にどこの大学の医学部を受験するか迷うことがあります。

最近の傾向では、前年度に志願者が多く、難関とされた大学の学部が、
翌年は志願者が減るという現象が顕著に見られるようです。
例えば東大の文系ですが、2009年度の入試でもっとも倍率の高かった文1が、
今年は駿台の模試などで希望者が減っています。
前年度、難しかった大学医学部を検討してみるのもいいでしょう。

大学の医学部医学科は、政府の政策で入学定員が増えています。
特に地方大学では、地域枠の募集もあります。地域枠が増設されたために
定員が増えた大学だと、地元の受験生は地域枠で受験することが考えられるので、
そのため、一般枠の倍率がやや緩和されるということがあるかもしれません。

また、センター試験の平均点によって、影響を受けやすいのは、
準難関大学(たとえば千葉大、筑波大、神戸大、大阪市立大など)。
トップクラスの大学の入学希望者は、たいてい何があっても決めた大学を狙うので
あまり影響を受けないが、準難関の国公立大学では、志望者の多くが
できればそのクラスのどこかの大学に受かりたいと考えている。

センター試験での平均点が高くなれば(高得点が取れれば)、
可能性を求めて多くの受験生が受験を出願する傾向がある。そうなると、
このクラスを最初から目指していた志望者にとって、倍率が上がり難しい受験となる。
08年度の入試では、センター試験の平均点が高く、そういう傾向が見られた。
こういう年度では、その次のクラスの地方大学が受験しやすくなる。

センター試験での平均点が低い場合は、準難関の国公立大学は志望者が減り、
それに続くようなレベルの地方国公立大の志望者が増える。
準難関大を最初から希望している受験生は、あくまで希望を変えないほうが
いいかもしれない。安全を狙って、準難関大学より合格ラインが低そうな
大学を受けた受験生が不合格になってしまうこともある。

極端にセンター試験を重視した配点をする大学以外は、センター試験の
結果によってあまり志望校を変えず、最後までそこを目指したほうが
いいかもしれない、と、駿台予備校の講師の方も言っている。
『秋までに努力した結果が目に見えるのはこれからだ。ここで、
「数学が伸びないから、志望を国公立大から私立大にする」ような変更は
よくないと思う。』


◆Z会でムダのない受験対策!

高3からも間に合う!大学別コース
東大合格の2人に1人はZ会会員 。
資料請求は、下記公式サイトで!
 >> http://www.zkai.co.jp

◆願書(一括)取寄せは、下記の

 「リクナビ進学ネット」公式サイトで

   
        ↑ ↑ ↑ ↑   
大学案内パンフレットも一括請求!
オープンキャンパス情報もあります
カテゴリー