Top > 医学部受験の入試動向・最新ニュース > 2010年度は、大学医学部の入学定員が最大369人増加!

2010年度は、大学医学部の入学定員が最大369人増加!

文部科学省の7月17日の発表によると、全国の国公私立大学医学部の2010年度の入学定員は、過去最多だった今年(2009年度)の定員数からさらに369人(最大の場合で)増え、合計8855人となる。

現在の医師不足に対応するために、今後10年間は増員を続けていくとのこと。医学部卒業生には、卒業後も一定期間、地域にとどまる条件を課すなどで、医師偏在の解消を目指すという。

読売新聞によると、増員の内訳は〈1〉各都道府県7人以内の「地域医療枠」(最大329人)〈2〉各大学3人を上限に、臨床現場には出ない研究医を養成する「研究枠」(同10人)〈3〉併設の歯学部で定員を減らした場合に医学部の増員を認める「歯学代替枠」(同30人)――の計369人ということだ。

地域医療枠を増やせるのは、勤務地を一定期間限定した入学枠を設ける大学などが対象となる様子。今までは、都道府県が地元大学だけを対象にして、増員を決めていたが、今回は、他の地域にある大学から派遣された医師も地域医療を支えている実態があることを踏まえて、7人のうち2人までは別の都道府県にある大学にも割り振れるようにしたのが、特徴的。

また研究枠の増加は、臨床医不足の余波を受け、再生医療など最先端の研究を担う研究医が不足してきていることに対応する、初めての措置となる。

現在、医療現場では、必要な医師を確保するのに大変苦労している。この医学部の定員増が続けば医師が増え、今人気のない科目の医師も必然的に増えることになる。しかし医学部生にとっては、人気ある科目の医師になる道が今以上に厳しくなるということかもしれない。


◆Z会でムダのない受験対策!

高3からも間に合う!大学別コース
東大合格の2人に1人はZ会会員 。
資料請求は、下記公式サイトで!
 >> http://www.zkai.co.jp

◆願書(一括)取寄せは、下記の

 「リクナビ進学ネット」公式サイトで

   
        ↑ ↑ ↑ ↑   
大学案内パンフレットも一括請求!
オープンキャンパス情報もあります
カテゴリー