Top > 医学部周辺ニュース > 新生児医療と小児科医

新生児医療と小児科医

出産で、年々低出生体重児や長期入院が増えている。ところが、未熟児の赤ちゃんたちを支える「新生児医療」は、大学医学部では講義があまりなく、卒後臨床研修でも小児科に新生児医療を組み込んでいない研修病院も多いので、医学部の学生時代に知るきっかけがなく、志す医学部学生も少ないといわれている。

学生のうちに開業医も見るなどして小児科の魅力を知り、NICUを経験しておくことが必要だと語る大学医学部教授もいる。また、ほとんどの都道府県には周産期母子医療センターがあるので、大学医学部の臨床実習でもセンターでの研修を義務付けたほうがいいと、指摘する声もある。

神奈川県立こども医療センターでは、全国の新生児医療に従事している若手や中堅医師にキャリアアップしてもらい、また地方に戻って活躍してもらうために、全国の新生児医療従事医師を対象として、同センター小児科で、短期研修を受ける医師を公募する「短期有給研修医制度」という制度を2009年度から2年間実施する予定にしている。

また埼玉県の総合周産期母子医療センターである埼玉医科大総合医療センター総合周産期母子医療センターでは、若い医師たちに安心して入局してもらえるように、小児科の当直を経験の浅い若手医師と指導医クラスの医師が一緒になるような2人体制にした。

産科や小児科の人手不足で妊産婦の事故が続く中、今後の周産期医療と救急医療の連携など対応策を検討するための厚生労働省の懇談会も開催された。新生児医療の実態も、現場の医療者が声を上げ始めたことにより、ようやく危険な今の状態が改良され始めてきた。これからの大学医学部、医療センター、そして行政による新しい取り組みが期待されているし、またこれから医学部でも新しい試みが開始されるかもしれない。 (posted on 08.12.11)


◆Z会でムダのない受験対策!

高3からも間に合う!大学別コース
東大合格の2人に1人はZ会会員 。
資料請求は、下記公式サイトで!
 >> http://www.zkai.co.jp

◆願書(一括)取寄せは、下記の

 「リクナビ進学ネット」公式サイトで

   
        ↑ ↑ ↑ ↑   
大学案内パンフレットも一括請求!
オープンキャンパス情報もあります
カテゴリー